bubok.es utiliza cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios y a recordar sus preferencias mediante el análisis de sus hábitos de navegación. Ver política de privacidad. OK
Buscar en Bubok

Noboruyoake

「人の一生とは何だ? 僕は人生の山を描こうとした…。ただ、短い右下がりの線だけが浮かんだ」
書店に勤務する最上旭は、惰性的な忙しさの中で味気ない日々を過ごしていた。若い頃にスペインに留学していた旭は、思い掛けないきっかけから留学生ビアンカをホームステイさせる。彼女は日本人の父を持つハーフだった。旭はスペインに居るはずの父に連絡を試みる。すると謎めいた3つの言葉だけを残して突然に消息を絶ったと言う…。運命に導かれる様に2人は旅に出る。
付記
Barairo no Soraはスペイン語で書かれています。
(español)